2013年04月26日

DXFフィギュア ワイルドタイガー ラストスタンド

 プライズで獲得する自信のない当方は、二月の段階で予約しました。
 実際近所では入荷すらしておらず、選択は間違ってなかったなぁと思いました。
 ゲーセンでとるべきという気はあるのですけど……
 絶対そちらのほうが割高になるんですよね(経験談

 

 ラストスタンドという題名は、最終話で立ちあがった時のことを指しているのかなと。
 もっぱらアレな名称で呼ばれていますけど……(笑
 ここではきちんとラストスタンドと呼んでおきます。

 さて最初に出た虎徹と同一人物とは思えないほど顔も似ているし、
 造形も素晴らしくてほとんど文句がないできばえです。
 まず顔、髭の部分も凹凸がありますし、髪の毛も甘さはありますがよくできています。
 顔もかなり似ていて渋格好いい、という具合。

 壊れたスーツにむきだしの素肌はちゃんと筋肉の造形があります。
 ダメージ加工がちょっとなのは原作もそうなので許容範囲。
 写真ではわかりにくいですがダメージ部分はちょっと赤みがかっています。

 

 全身。しまった右からの顔も格好いいのに撮り忘れ……あとで撮ります。
 スーツの白に若干黄色が混じっているのは、わざとなのかなんなのか?
 流石にパール塗装はありませんが、破損具合がよく出ています。
 この腕パーツの歪み具合が大変よろしいかと……
 でも腕だけ残ってるということは、パンチ主体の彼用に、
 ここは相当強化してあるということでしょうね。斉藤さんすごい。

 

 この角度から見るとやや憂鬱げに見えるのです。
 手指部分の銀色塗装も妥協がありません。
 細かい部分のライムグリーンもばっちり。
 反対側は握り拳なのでこれもあとで撮っておかないと……

 

 そして背面。やや捻った腰が……!
 正面に受けたので背面のスーツは無傷というこの差がよく出ています。

 

 一番好みの腰にこだわった一枚。
 腕との間の隙間とS字がたまらないと思う次第です。
 ……我ながらヘンタイですね。

 ネット通販では価格高騰していますが、値段が落ちついたら、
 裸云々はさておき造形が素晴らしいので手にいれて損はないと思います。
posted by あおつぼ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | TIGER&BUNNY

2013年01月31日

同題TBfgまとめ

 ツイッターでやっているもののまとめです。
 画像サイズがまちまちなのは、
 PC壁紙にしようとしたり、普段どおりのサイズにしたりと、
 その時の気分と内容で変えているからです。
 縮小しているものはクリックで原寸が出ます。

 

 お題:必殺技 / ハーフエイジ (縮小しています)

「俺の必殺って言ったらこれだな! こてっちゃーはん!」
「はいはい、わかりましたから、調子に乗ってこぼさないでくださいよ」
「バニーちゃん皿出して〜」

 ぷちお台所とは大きさが違うので、遠目に写して誤魔化しています。
 ハーフエイジの大きさはシルバニアのがよかったかも……
 って今さら気づいても遅いのですが。
 この二人の表情はかなり好きです。

 

 お題:灯 / GEM虎徹 (縮小しています)

「この灯を守るために」

 寒くて遠出したくなくて、近所での夜景です。
 もうちょっとこう……高層ビルのあるところならよかったのですが。
 でも背景のボケ具合はなかなかかな? と思っています。

 

 構図に悩んでいくつか撮ったので二枚投下していました。
 夜景はいつか撮り直したいところです。

 ちなみにこの撮影は、三脚の片方にフィギュア、
 もう片方にカメラを乗せ、タイマーで手ぶれを防いでいます。

 

 お題:諦めちゃったら届かない / ハーフエイジ

 敢えて題名以外なにも書かず投稿しました。
 結構ぴったりな構図になって気にいっています。
 本当は大きいフィギュアで撮りたかったのですが、
 この段階ではカリーナの素顔フィギュアがなかったので。
 今はありますが、でもそうなると兎がいないっていう……

 ともあれ、ちょっと切なそうに見えるカリーナと、
 さりげに主張する兎と、気づかず笑顔のおじさん。
 この三つを画面におさめたくて四苦八苦しました。

 絶対領域と鏑木酒店のタオルちら見は譲れない点です(笑
posted by あおつぼ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | TIGER&BUNNY

2013年01月27日

TIGER&BUNNY DXFフィギュア #3 カリーナ・ライル

 一応自力でとろうと探したのですが見当たらず、
 我慢できずに通販に頼る結果となりました。
 虎徹さんはDXなのに、カリーナはDXFなんですね。

 

 開封してすぐ撮影したので背景はミシンという。
 でもちょっと茶がかっているのがいい具合なので載せちゃいます。
 ということでカリーナちゃんの紹介です。

 

 全身前から。
 OPカットの立体化ですね。
 そして多分初の私服! やっぱりかわいいです。
 制服もいいけどこちらは色々ツボなのですよね。
 まあ、そのこだわりはおいおい記していきますが。

 動きのあるポーズが格好いいです。
 お洒落なカリーナらしい感じ。
 髪の毛などの造形に甘さはありますが、
 服に関してはかなりいいのではないでしょうか。
 指先はちょっと惜しいですけど……気がむいたら爪塗りますか。

 

 横から。
 結構どこから見ても格好いいポーズだと思います。
 細い二の腕が眩しい……
 ぶかっとしたアームカバーと、ぴったりした部分との強弱が、
 よく出ているのではないかなーと。

 

 後ろ。
 髪の毛は甘いとは言いつつ、でもこれだけやっていれば十分かなと。
 波打っている感じは出ていますし。
 ブーツの金具の部分もちゃんとつくられていますし、
 ベルト部分もこだわっています。
 シャドーの吹き加減もこれくらいが好みですね。

 

 再び横。
 こちらだと顔が見えませんが、
 これはこれですらりとした感じになっています。
 きゅっと軽く握った手は、ほっそりしているけれど、
 ちゃんと女性らしい腰回りとか……

 

 アップで。
 まあ顔は……プライズですしね。
 ちょっとキツすぎますが、似てないってほどでもなく。
 リップもう少しほしかったので塗りたしたほうがいいかも?
 やはりカリーナちゃんといえばあのぷっくりした感じ。

 あと写真見てて気づきましたが、肩と脇……いいですね。
 で、ここから若干マニアックになりますのでご注意を。
 エロじゃないです、多分。

 

 ネックレスは若干簡略化していますが、青色が綺麗です。
 衣装のフリルや、ジャケットのファーも頑張っていますし。
 そして本人が気にしている胸も適度にささやかでよし。
 ジャケットとワンピースの間にちゃんと隙間があるのですが、
 こういう細かい部分ができているとすごく嬉しいです。
 くっついていると動きも出ませんし。

 

 あ、肝心な部分が微妙な写りに……
 このニーソの部分の段差は大事だと思うわけです。
 現実で見ると微妙なこともありますが、
 二次元の場合この段差は必須だと思います。
 じっくり見ると分割線も見えるのですけど……

 あと腰の細さがいいですねぇ。
 虎徹さんとは違う、女性らしい細さとまるみ。
 自然に寄っている服の皺。

 ちなみに最後の二枚、腰だの胸だのはFZ30で撮ったのですが、
 ちょっとボケてますね……うーん。
 なぜかGHもそうだったので、これはやっぱり、
 カリーナちゃんのお怒りでしょうか……
posted by あおつぼ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | TIGER&BUNNY

2013年01月15日

STYLING2 その二

 今日はワイルドタイガー オープンフェイスverとルナティックです。

 

 台座が一緒でちょっとつまらないのですが……
 天秤じゃ台座にしづらいですしねぇ。
 プロトバニーと入れかえもできるのですね、今気づきましたが。

 アニメ本編でこの二人の共闘が見たかったのですけど……
 ちょっとそこは残念。
 相容れないけど共闘ってちょっとドキドキするのですが。

 

 頭部以外金型一緒でちょっとがっかりしますが。
 値段を考えるとしょうがないのですかねぇ……
 未発動版なので色味がちょっと残念です。
 綺麗なほうのライムグリーンがよかったなぁとか。

 

 顔のアップ。
 まあ値段相応の塗装ですがプレゼントのオープンフェイスよりムラはないです。
 でもヒゲがちょっと変かも……
 髪の毛の造形は個人的に気にいっています。

 

 撮影に苦心したルナティック。
 見てのとおり横に長い!
 彼だけ値段不相応な感じです、いい意味で。
 マントがない分迫力がないかな? と思いましたが、
 このボリュームなら文句はありません。

 青い炎とボウガンを構えた彼らしいポーズ。
 すらっとした立ち姿もいい感じです。

 

 わざとちょっと暗めに。
 なぜなら顔がこわくて自分でもちょっと……だったので(汗
 ボウガンにピントを当てたものもあったのですが、
 ルナティックの顔がボケすぎていたためボツにしました。
 絞り上げたほうがよかったですね。

 

 青から緑のグラデーションがクリアパーツで表現されています。
 塗装もなかなかしっかりしていて、これはいいなぁと。
 縦から横から斜めから、
 角度によって何十にもおいしい造形になっていると思います。

 とりあえずルナさんは間違いなく買いです。
posted by あおつぼ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | TIGER&BUNNY

2013年01月14日

STYLING2 その一

 今日はワイルドタイガー(旧スーツ)
 バーナビー・ブルックスJr(プロトタイプ)です。

 

 台座がちょっと無難すぎる気がしますが。
 第一話の二人ですね。

 

 クソスーツ版。
 見事な肩にぐぐっと絞まった腰。
 細い足となんとも……大変なスーツ。

 瞳の色が茶色なので未発動ですね。
 なのですが……これちょっとバランスが……
 顔の感じが変な気がするのですけど。
 マスクのせいですかね……

 

 プロトバニーは前の版と型が一緒ですね……
 できればもう少し新規を……
 そして気をつけて撮ったのですが足が短く太めに見えますね。
 下半身がっつりスーツなのでこうなりやすいのですが。

 

 背面は短足にはなってませんね、一安心。
 色のせいもありますかね、スタイリッシュというより、がっちり。
 プロトはピンクの部分が不透明なので、
 なんだかそこだけ妙にかわいいなと思ってしまいます。
 ダークネスは透明なのに。

 というか塗装して透明→半透明ならわかりますが、
 その逆って言うのも不思議な気が……
posted by あおつぼ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TIGER&BUNNY