2013年04月26日

DXFフィギュア ワイルドタイガー ラストスタンド

 プライズで獲得する自信のない当方は、二月の段階で予約しました。
 実際近所では入荷すらしておらず、選択は間違ってなかったなぁと思いました。
 ゲーセンでとるべきという気はあるのですけど……
 絶対そちらのほうが割高になるんですよね(経験談

 

 ラストスタンドという題名は、最終話で立ちあがった時のことを指しているのかなと。
 もっぱらアレな名称で呼ばれていますけど……(笑
 ここではきちんとラストスタンドと呼んでおきます。

 さて最初に出た虎徹と同一人物とは思えないほど顔も似ているし、
 造形も素晴らしくてほとんど文句がないできばえです。
 まず顔、髭の部分も凹凸がありますし、髪の毛も甘さはありますがよくできています。
 顔もかなり似ていて渋格好いい、という具合。

 壊れたスーツにむきだしの素肌はちゃんと筋肉の造形があります。
 ダメージ加工がちょっとなのは原作もそうなので許容範囲。
 写真ではわかりにくいですがダメージ部分はちょっと赤みがかっています。

 

 全身。しまった右からの顔も格好いいのに撮り忘れ……あとで撮ります。
 スーツの白に若干黄色が混じっているのは、わざとなのかなんなのか?
 流石にパール塗装はありませんが、破損具合がよく出ています。
 この腕パーツの歪み具合が大変よろしいかと……
 でも腕だけ残ってるということは、パンチ主体の彼用に、
 ここは相当強化してあるということでしょうね。斉藤さんすごい。

 

 この角度から見るとやや憂鬱げに見えるのです。
 手指部分の銀色塗装も妥協がありません。
 細かい部分のライムグリーンもばっちり。
 反対側は握り拳なのでこれもあとで撮っておかないと……

 

 そして背面。やや捻った腰が……!
 正面に受けたので背面のスーツは無傷というこの差がよく出ています。

 

 一番好みの腰にこだわった一枚。
 腕との間の隙間とS字がたまらないと思う次第です。
 ……我ながらヘンタイですね。

 ネット通販では価格高騰していますが、値段が落ちついたら、
 裸云々はさておき造形が素晴らしいので手にいれて損はないと思います。
posted by あおつぼ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | TIGER&BUNNY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65709829
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック