2012年09月19日

一番くじ side TIGER C賞

 ということで。
 一番くじTIGER&BUNNY side TIGER C賞 鏑木・T・虎徹フィギュアです。
 結局我慢できませんでした……

 

 正面から。
 台座は茶色でシンプルですが、路地裏な感じもして合っています。
 渋い感じも似合いますね。
 にしてもどのおじさんもポーズが似ている……

 

 おじさんらしいといえばらしい姿です。
 よっ、という声が聞こえてきそうな。
 大きさはDXと同じくらい(つまりGEMより小さくZEROより大きい)

 

 どんなむきでもすらっとした感じになるのがおじさんマジック?
 個人的にシャツの色が明るすぎる気も……

 

 背面。下半身は後述するので省きますが、上半身に関しては、
 このアングルからのラインが素晴らしいと思います。
 腰のくびれが……

 

 なんとなくお茶目にも見える横。
 足の造形が一番肉感的な感じでしょうか。
 結構細いけどむちむちのような……

 

 白黒のが映えたかもしれませんね、この状態だと。
 シルエットはいいのですが……

 

 顔はよく似ています。
 GEMおじはちょっと吊り目なので、こちらのほうがらしいですね。
 年齢相応なおじさんの感じがします。

 

 そこそこアップにも耐えられる顔かなと。
 個人的にこのくらいの手指のほうが虎徹さんらしいです。
 GEMさんはちょっと華奢というか……

 

 個人的譲れない左手まわり。
 指輪の塗りむらと太さは気になりますが、
 腕の部分はよくできています。
 なんだかやたらツヤツヤなのですが、ここに関してはいいかなと。

 でも一番由々しき事態は。

 

 この微妙なお尻!
 なんだか潰れているというか変な形です……
 一番大好きな腰まわりが若干残念で、しょんぼりしてしまいました。

 でも顔は似ていますし、結構手ごろな価格で入手できたので、
 個人的に下半身は気にいりませんが全体はいいできだと思います。
 ツヤもありすぎな気はしますが、これは嫌ならつや消し吹けばいいだけですしね。
 
posted by あおつぼ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | TIGER&BUNNY

2012年09月14日

G.E.M.シリーズ 鏑木・T・虎徹

 ということで。
 レビューと言うには画像の大きさが小さいですし、
 造形云々はあまり口にしないので感想ですかね、やっぱり。

 外箱もかなり格好いいです。特に上部。
 わかってらっしゃる! って感じの……是非見てみてください。

 

 箱から出すとこの状態です。
 帽子だけをつけた素の虎徹さん。
 ……なので普通に撮ると顔が影になります。
 帽子、長い前髪、ドミノマスクと、撮影者泣かせですね……

 1/8なので今までの中で一番大きいです。
 なので流石に迫力があります。でも細いです。
 すらりとした高身長をしみじみ感じますね。

 

 帽子なし版、で明るめにしてみました。
 これだとちょっと虎徹さんらしくなく見えるかも……
 オジサマって感じですかね(笑
 台座はクリアグリーンでタイガー色です。
 なくても自立は可能な気がしますが。

 

 スタイリッシュな後ろ姿。
 肩の部分はがっしり、腰にむけての逆三角。
 そしてすらりと細い足へ……うーん、素晴らしい。

 

 アイパッチのみで横から。
 太めの首が男らしいです。
 そして塗装などに妥協がないので見ていて安心。
 あと、忘れてはならない美腰!

 

 反対から、見えにくいですがこちらもアイパッチ版。
 明るめに飛ばしているので細部も見えますかね?
 ベルトもきちんと色を変えてあります。
 ベストもきちんと上に着ている感が出ているこの裾部分。
 そしてちらりと見える深緑のシャツにもぬかりなし。
 脇のラインに寄っている皺もよくできています。

 

 この腰へのラインが……!
 PDAの緑も綺麗に塗られています。
 個人的にこの発色具合がすごく好きです。

 

 アイパッチとマスクがつくと撮影が大変でしたの図。
 まあ、どうにかそれっぽく……?
 見てのとおり衣装はすべて凹凸がついています。
 でもベストのボタンはもう少しでっぱっていて黒いほうがよかったなぁ。

 

 ふふん、て感じの。
 半目隠れましたがこれはこれでいいかも。
 ちょい悪オヤジを自分では狙っている……ところみたいな。
 そして似合わないとつっこまれるまで様式美。

 

 帽子なし素顔版。ちょっとアップ。
 適度におじさんな感じがよく出ています。
 個人的に顎の造形がよくやった! と思うのです。
 もうちょっと指が節くれ立っていたほうが好みなのですが。

 

 もうちょっとアップかつ若干角度を変えて。
 髭もちゃんと立体的です、塗りわけだけではなく。
 要所の皺などが虎徹さんらしさをきちんと出しているなぁと。

 

 細部だけの写真も一枚。
 個人的に妥協してほしくなかった左手部分。
 納得のできばえです。
 数珠は別につくってあるようでちゃんと巻きついていますし、
 指輪は細さといい色味といい一番好みです。
 DXの数珠は別ではなく正直残念な塗りだったので……
 あと、爪もちゃんと塗ってあります、細かい!
 ベルトのバックルは言うに及ばず。

 装飾品はちゃんと立体的で、流石です。
 ボタンに関しては他の虎徹さんも立体でしたけど。
 突起物の多い衣装で大変そうですよね……

 というわけでまとめますと。
 塗りわけは大変綺麗です。ムラもほとんどありません。
 影の部分だけ黒めの色を使ったりしているので陰影も素晴らしく。
 大きさもあるので満足できます。

 ただしさしかえは頭部のみ。しかも表情は皆一緒。
 帽子とアイパッチを細かく変更できるのは嬉しいのですが、
 できれば表情差分か腕パーツがほしかったです。

 個人的なオススメ度は、GEM(ダントツ)>DX(スタイル)=一番くじ(顔)>ZERO(費用対効果が微妙)ですかね……
 もうちょっと頑張ってください萬代屋さん。
 
posted by あおつぼ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | TIGER&BUNNY

2012年09月13日

chibi-arts ブルーローズ

 ということで。
 ネットショップでありえない勢いで安かったのでつい……
 塗装ムラもあるという話だったので、
 ネットで買うのはちょっと躊躇ったのですけれど。

 

 まあまあのブルロちゃんがきました。
 若干変なところに塗料が飛んでいたりもしますが……
 誤魔化せる範囲なのでよしとします。

 さて、クリアパーツがたくさんあるためとても綺麗です。
 胸などは省略されていますが(笑
 頭の飾りと腰のスカート状などはよくできています。
 イヤリングも綺麗です。
 付属のリキッドガンと背面の棘もいい感じ。
 できばえに関しては文句なしです。

 

 キューティーエスケープもばっちり再現可能。
 やーんって声の聞こえそうな感じです。
 爪先の感じがデフォルメと相まってすごくかわいいと思いつつ。
 欲を言えば前髪も動かしたかったですが……
 頭部は表情差分のみなのがちょっと残念。

 

 キメ顔も勿論あります。
 脚は最初のと違うのですが、惜しいことに差異があまりないです。
 ここはもう少しなにかアレンジしてもよかったかなぁと。
 リキッドガンを持たせた場合、脚にはめるパーツがあるのもありがたく。

 ただ、細かいパーツが多いので紛失が恐いです。
 あと、お尻の棘は下半身脱着の時にもげたりします。
 そのうちぽきっといきそうで戦々恐々……
 イヤリングも高確率で落ちます。
 撮影中も何度か落ちてその都度つける羽目に。

 でも、クリア素材が多いのですっきりしていますし、
 正直虎徹より遊び甲斐がある気がします。
 特売価格だったので十二分にもとがとれるなぁと。
 問題は折角色々あるのに、上記理由で脱着が億劫な点でしょうか。
 気軽につけかえる、という感じではありません。

 でもかわいいんですけどね(結局そこにいきつく
posted by あおつぼ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | TIGER&BUNNY

2012年09月07日

TIGER&BUNNY DX フィギュア #1 虎徹

 勿論ゲーセンではとっていません。
 ありがとう通販……
 牛さんとセットで安く買えました。
 虎徹さん一人のほうが高いくらいという点で、ちょっと不憫……
 ちなみに牛さんは牛好きのかたにさしあげました。

 

 外箱。
 ちなみに中は緩衝剤多めで案外すかすかでした。
 台座のみ別になっている形です。
 プラのブリスターがないので保存にはむきません。

 

 全体図。
 ちなみにZERO虎徹さんより大きいです。
 ボタンや数珠などの装飾品はZEROより小さく簡素な感じ。
 でも塗りむらなどはほとんどなく良好です。

 

 横から。
 ぶっちゃけますとZEROより服の皺はきちんとつくられています。
 靴の塗りわけも綺麗。

 

 ネイサンが喜びそうなお尻……
 このあたりの皺に気合いを感じるのは気のせいでしょうか。
 ZEROさんはつるつるだったのに!

 

 見事な逆三角形。
 ZEROより肩幅はある感じです。
 あちらはどこもかしこも細身ですが、
 こちらは胸まではしっかりあるよ、という感じ。
 でも腕は細い……萌えます。

 

 この素敵すぎる背面……!
 つーっとなぞりたくなる腰の素晴らしさ。
 細い指輪もちゃんと塗られています。

 

 ただし顔は似ていません。
 ここはZEROに軍配があがりますね。
 どちらかというと桂絵っぽいきつい顔立ちです。
 全然垂れ目ではないのでうーん……な感じ。
 OP絵の再現なのできつくなったのかな? という気もします。

 

 あんまり撮りすぎたのでモノクロにしておきます。
 それにしてもいい腰です……

 費用対効果で言うとDXのほうがいいかなぁと正直な感想です。
 
posted by あおつぼ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | TIGER&BUNNY

2012年09月06日

STYLING ファミマ限定版

 頑張って撮ったので順に紹介……の予定。

 

 前売り券つきファミマ限定スタイリングです。
 ぶっちゃけ肩しか違いがありません。
 なので、通常版をお持ちのかたはいらないかも?
 私はスタイリングの価格にはちょっともの申したいですが、
 タイガーのポーズが気にいっていたので購入しました。
 この構えた感じがすごく好きなのです。

 バーナビーはいないので、台座がちょっと寂しいです。
 既存の兎と一緒に撮ってもよかったのですが自立するので一体だけで。

 

 白と緑はタイガーカラーですが、四角いところがなんとなく……でしょうか。
 背面透明のほうがロゴらしさはあったかも?
 ともあれこの動きだしそうな姿といい、
 発光版のライムグリーンは綺麗ですし、飾る用にちょうどいいです。
posted by あおつぼ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | TIGER&BUNNY